ウェルズ・ファーゴ、2銘柄の株価を最大70%上昇と予測 – その理由と銘柄は?②—こびとこゆびの米国株 情報調査

Sponsored Link

ウェルズ・ファーゴ、2銘柄の株価を最大70%上昇と予測 – その理由は?

 

これは第二弾、昨日の記事(以下)の続きです。

ウェルズ・ファーゴ、2銘柄の株価を最大70%上昇と予測 – その理由は?①—こびとこゆびの米国株 情報調査

ウェルスファーゴの予想したもう一つの銘柄は以下になります。

二つ目の銘柄はコレ

Sponsored Link

ゼンタリス・ファーマシューティカルズ(ZNTL)

様々な癌の新しい治療法に取り組む臨床段階のバイオテクノロジー企業、

ゼンタリス・ファーマ (5/27終値 $30.05)

同社は、独自の統合創薬エンジンを用いて、より効果的な新しい治療法のベースとなる新規低分子化合物を開発しています。また、治療薬の候補が的を射ていることを確認するため、がん経路の慎重な分析に基づいて薬剤候補化合物を作成。

 

同社は、慎重な創薬プロセス、複数の潜在的な用途を持つ医薬品候補というアプローチにより、資本効率の高い事業運営を可能にしています。

ゼンタリスの主要候補は、WEE1阻害剤であるアゼノセルティブ(ZN-c3)で、現在8つの臨床試験が行われています。

これらの試験では、単剤および併用療法としてazenosertibの試験が行われています。

対象となるがん

  • 子宮漿液性がん
  • 卵巣がん
  • 骨肉腫、膵臓がんなど

 

予定

今後、当社の臨床試験から得られる予定情報としては、

卵巣がんに対する化学療法との併用療法としてのアゼノセルティブの良好な臨床データの発表が予定されています。

このデータの発表は、6月5日に開催される米国臨床腫瘍学会で行われる予定です

 

その他の今後のカタリストとして、

アゼノセルティブの単剤投与に関するデータを23年上半期に発表する予定です。この試験では、最大曝露量と忍容性、および幅広い患者に対する本薬剤候補の臨床的有用性に関するデータが得られる予定となっています。

 

23年下半期には、アゼノセルティブと薬剤候補ZN-d5との併用に関するデータを公表する予定です。このデータは、急性骨髄性白血病を対象としたフェーズ1/2試験で収集されています。

 

また、同社の薬剤候補ZN-d5については、再発・難治性の軽鎖アミロイドーシスに対するフェーズ1/2試験からの追加データが、23年下半期に期待されている。

 

ウェルファーゴのアナリスト デレク・アーチラの意見

このバイオテクノロジー銘柄を取材し、

今後のデータ発表の多さが投資家の注目すべきポイントであると見ています。

 

「この銘柄は、ここ最近、臨床の情報があまりなく、眠ったような銘柄だった。

投与量最適化/RP2Dデータとそれに続くASCOでの発表を前にしたリスクとリターンを評価したい。

両アップデートのベースケースでは、株価は40ドル台半ば(+100%)まで上昇し、

時価総額が〜25億ドルとなり、これは妥当だと考える」とアーチラは見解を述べています。

 

以上のことから、アーチラはZNTLをオーバーウェイト(買い)と評価しました。

さらに、目標株価は46ドルで、今後1年間で70%の株価上昇を示唆しています。

 

この銘柄も、ウォール街のアナリストから満場一致で「強い買い」の評価を得ている銘柄で、

最近の8件のポジティブなレビューに基づくものです。ZNTLは5/26は26.98ドルで取引されており、

48.25ドルの平均価格目標は、12ヶ月で~79%の上昇を意味します。

ZNTLの株価は金曜日すでに10%以上上がっていました。

一旦$24.39まで下がってからの30ドル台への戻りは見事でした。

しっかりとボリュームも入っています。

 

私は様子を見てみようと思っています

 

さてさて、明日はいよいよ3連休明け

久々のマーケットオープンと相場スタートです。

 

 

しかし、週末の上げを見ていると

週明けはそこそこ動きがあるのではないかと見ています。

どうなることやらですが

祈りをこめつつ、明日も仕事、頑張るぞ~!

 

それでは今日も最後まで読んでくれてありがとうございました。

よろしければクリック応援よろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村 投資ブログ 投資初心者へ

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!